« 2006年6月30日 (金) | トップページ | 2006年7月 2日 (日) »

ニュータウンの木下闇

多摩ニュータウンというところは不思議な場所で、駅から高層マンション群を抜けて五分も歩くと、不意に鬱蒼たる森の中に入ってしまったりします。昼なお暗い、いわゆる木下闇。自然に恵まれていいという考えもあるのでしょうが、私には、古代からの闇を切り裂いて勝手に宅地を作ってきた結果が、こんな地域を生んでしまったような気がしてなりません。いつだったか、マンション4階の我が家のベランダに大きな蜂の巣が出来てしまったことがあります。業者が蜂の巣を処理しながら、「ここは昔、蜂の移動の通り道だったんだよね」と教えてくれました。高層住宅街に追い詰められた木下闇の中から、あの蜂の大群のようなものが、いつか逆襲に現れるかも知れませんね。

  山道の墓参帰りに会ひし蟻       大波

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月30日 (金) | トップページ | 2006年7月 2日 (日) »