« 2006年6月13日 (火) | トップページ | 2006年6月15日 (木) »

嫌われ松子がかわいそう

映画「下妻物語」が面白かったので、封切中の「嫌われ松子の一生」を観にいきました。

中島監督のあの手この手はさらにパワーアップして、音楽の一小節まで画面にシンクロさせるミュージカル仕立てになっていましたが、その完璧なまでの仕上がりの中で、一生懸命歌ったり踊ったりの中谷美紀さんが、なんか痛々しくてかわいそうでした。もっとゆとりを持って悲劇を演じる中谷さんを観たかったなあ。面白い、面白い、面白いには違いないのだが、「軽み」に達していない映画って、なんか疲れるなあ。

「花よりもなほ」も観ましたが、こちらは疲れませんでした。はてな?

二千六年六月六日雷雨過ぐ        大波(映画「オーメン」参照のこと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月13日 (火) | トップページ | 2006年6月15日 (木) »